少年サッカー 川島和彦の最強ドリブル塾

少年サッカー指導でとっても大切な事とは?

ほとんどのサッカー指導者が気づいていない
少年サッカー指導でとっても大切な事って
ご存知ですか?

 

 

それは、目先の勝ち負けにこだわらず、
選手個人の技術を伸ばすということです。

 

 

少年サッカーの指導においては、
目先の結果よりも、子供達の将来を考え、
個の能力を伸ばす方が大切なのです。

 

 

目標を、目先の勝敗ではなく、
個人のレベルアップに変える事で、
子供達には自主性とやる気が生まれます。

 

 

そして、練習を楽しみながら、
個々のレベルアップが図れるようになり、

 

その結果、以前よりも強いチームに
生まれ変わる事ができるのです。

 

その方法がこちら

 

 

多くのチームでは、勝敗にこだわった
戦術的な練習を取り入れているようですが

 

その戦術は、身体能力の高い選手を
軸に作られている場合が多く

 

身体能力の高くない子供は
結局ついて行けません。

 

 

サッカーが好きで始めた子供達も、
ただ単に試合に勝つためだけの練習では
挫折してしまうのは当たり前です。

 

 

お子さんが将来、
サッカー選手として成長する為には
親御さんの存在は非常に重要になります。

 

 

お子さんの気持ちが折れてしまう前に、
お父さんお母さん自らがお子さんへ、
サッカーを楽しみつつ自主性とやる気、

 

さらには個人技術をアップさせるような
トレーニング方法を伝えてあげる必要があります。

 

 

では、具体的にどのような
トレーニングが効果的なのでしょうか?

 

その方法がこちらです。
お申し込みの際はCookieを有効にしてください

 

 

このサイトでは、ジュニア指導歴25年、1500人のサッカー少年を指導してきた川島和彦さん監修の、
お子さんのドリブルテクニックをグングン伸ばす「天才ドリブラー育成法」をご紹介しています。